クレジットカードでの衝動買いがお金に困る始まり

2016年1月7日

お金のことでは、過去に大失敗をした経験があります。

衝動買いの癖が強く、デパートなどではいつも、クレジットカードのリボ払いで買い物をしてしまいました。それは、今でも変わりません。

最初は、毎月の支払いも数千円からなので、全く気にならないものだったのですが、買い物の利用残高が積み上がっていくうちに、段々と支払い額が増えていき、毎月の主人の収入では足りなくなってしまいました。支払いに足りないというか、支払ってしまうと生活費が足りないという感じです。

いつしか、主人に内緒でクレジットカードのキャッシング枠で、お金を借りて充てるようになったのです。その借入残高も積み上がる一方で、次第に何枚かのクレジットカードが買い物利用分も、キャッシング枠分も限度額一杯までになってしまったのです。

日曜でも借りれるのは良くないですね。

意を決して、主人に相談しました。主人は、カードローンを申し込んで、全てをおまとめローンにして、返済を頑張ろうと言ってくれたのですが、私たちはカードローンについて、あまりにも無知でした。

そこまでの大きな限度額で契約出来るほど、甘くはありませんでした。

消費者金融系や銀行系のカードローンに片っ端から申し込んでいましたが、どこも審査は通りませんでした。

もうどうすることも出来ず、遂には主人の両親へ全てを打ち明け、借金の肩代わりをしてもらうことになってしまったのです。

あれから5年が経ちますが、また私のクレジットカードは、リボ払いで積み上がってきてしまっています。

自分でも良くないことだと分かっているのに、どうしても衝動に負けてしまうのです。困ったものです。

収支のバランスを取るには先を見通す考えが大切。

2015年11月5日

コンビニでお金を借りることのできる!おすすめカードローン

月の給料日から様々なモノを差し引いて残った金額を食事代としていますが、毎月決まって次回の給料日までお金が持ちません。毎月食費に回せる金額が不定期という事もあり、自分がこの一ヶ月の間でどれくらい食べ物を買えるのかといった計算に頭を悩ませています。

そして決まって給料日の3日前には100円すら残らないような状態に陥る悪習慣が続いています。その3日間は、今日、明日食べるものを確保するために家にある食材を組み合わせて凌いでいます。それでも梅干やお茶漬け、鰹節などの調味料くらいしかありませんので、後悔と共に頭をフル回転させて食べ物を探しています。10円のうまい棒も毎月大活躍します。

キャッシュカードに残っている小銭を銀行の窓口でおろしたりもしますが、流石に500円未満だと気が引けます。また、買い物の度に貯めているポイントも毎月すべてを使い切ります。クレジットカードはすべて解約したので、キャッシングは出来ない状態ですので、本当に食べるものが無くて困った時は、最終的に友人にお金を借りています。

食費の管理ほど毎月バラバラになる事はありません。交際費や娯楽費などは極力抑えていますがそれでも毎月、給料日前の3日間は本当に極貧生活となります。今まで友人や親を頼った事は5回程度ですが、いつまでも甘えてばかりはいられないので、このサイクルから早く抜け出さないと自分がどんどん駄目になっていくような恐怖心があります。収支のバランスをしっかりさせるためにも、より先を見通した発想が大切なのだなと痛感しています。

生活に関するお金は親から、その他は金融機関から借りる

2015年7月25日

私は失業等により自らの生活費である保険代、ガソリン代、通信費等が払えなくなった時期があったのです。失業中では金融機関から借りる事は出来ませんので、この時は親から仕事が決まるまでの間借りる事にしたのです。

親から借りると言っても借用書をきちんと作成し、金利をつけて返済期日など細かく設定しました。これによって贈与とみなされないようにしたのです。

お金がないと人は生活できませんので、家族が失業状態にある時には親子や兄弟など家族同士で助け合う事が大切だと思います。こういった自らの生活費の問題に友人などを巻き込む事はあってはならないのです。

また、家のリフォームなど生活費とは別のお金に関しては金融機関から借りる事もあります。しかし銀行などでは審査が厳しい所もありますので、契約していた医療保険の契約者を対象とする貸し付けを利用したのです。

契約者貸し付けは保険料をしっかり払っていれば特に厳しい審査はないと思います。世の中には急にお金が必要になる事もありますので、本当に必要ならお金を借りる事もやむを得ない事です。

どうしてもお金が欲しい時(http://どうしてもお金がほしい.net/)は、返済能力に応じてお金を借りる事も大切です。借金を嫌がる人もいますが緊急な時にそのような事を考えている余裕は無いと思います。借りたらきちんと返済をするという意識を持っていれば決してお金を借りる事は悪い事ではないのです。

しかし、安易にお金を借りると返済が苦しくなる恐れもあります。自分の置かれた状況を理解し、今すぐ必要でなければ購入等を先延ばしする勇気も必要だと思います。

父へのプレゼント 日ごろの感謝の意を込めて

2014年4月8日

自分の家では、日ごろ家の為、家族のために一生懸命になっている父に対して、感謝の意を込めて父の日と、父の誕生日にプレゼントを贈るようにしています。
去年の父の誕生日には、普段タバコを吸う父に対して、父の好きなハイライトのタバコ3カートン(1ヶ月分)を贈りましたが、非常に喜んでくれました。
タバコは父が日常的に吸っているものなので、消耗品であるタバコは贈り物としては無難かと思いそれを選びました。
その日は家の母が、父の大好物のカニの鍋を作り、それを皆で食べ家族全員楽しい一日を過ごしました。

父の日にはブランド物の財布を贈りましたがこの時も非常に喜んでくれました。
いい年齢なので何か一つ位ブランド品等の様な、よい物を持っていたほうがよいかと思いブランドの財布を選びました。
普段ブランド品などにはあまり興味を示さない父ですが、家族からの贈り物なので非常に喜んでくれました。
出かけるときは贈った財布を常に持って出かけてくれます。

お金を借りる方法について

2014年3月25日

キャッシングなどでお金を借りる目的とは人それぞれで、お金を借りる方法も様々ですが、借りたお金を返せるようにする必要があります。
私もキャッシングを利用していましたが、趣味などに使ってしまい金銭感覚が麻痺したこともあり、現在ではお金を借りないで生活する方法を考えています。

お金を借りるには今後の生活につなげられるようにする必要があり、漠然とした考え方ではいけないことは事実です。
お金を借りるには自分自身に責任を持ってする必要があり、返すために正しい計画を立ててからする必要があります。

お金を借りるには浅はかな気持ちではなく、今後の生活につながるようにする必要があります。

給料日前の今すぐお金が必要な金欠を乗り切る術

2014年3月8日

給料日5日前なのに、ついついdvdを衝動買いしてしまい金欠に陥ってしまいました。

それで、残り金額で給料日まで過ごすのにかなり苦労しました。会社へは電車通勤でしたし、定期ももってたので問題なく行けましたが、最大の難問は飯の問題でした。どうしてもエネルギーの補給は必要ですし、最低限のカロリーがないと思考もまともに働かなくなって仕事も手につきません。

そこで、私が考えたのはカロリーメイト3食で乗り切ることです。あれは、その名の通り一日に必要なエネルギーを補給できますし、意外に腹もちもいいのです。そして、なにより安いので経済的負担が少ないです。

そして、夜更かしせずにさっさと寝ます。仕事以外にエネルギーを使う訳にもいかないので、極力体力を温存できるように工夫します。この時点でdvdを買った意味はほぼなくなるのですが、過ぎた事は仕方ないです。

このようにして給料前の5日間をなんとか自力で生き延びることに成功しました。

お金を借りることに思うこと

2014年3月7日

私はこれまで、業者や親からお金を借りた経験があります。
当然ながら、お金は借りない方が良いに決まっています。
自分のお金で賄えるならば、なるべくそうすべきです。
しかしどうしてもお金が足りないという場合は、誰でも訪れる可能性はあります。
私は遊び過ぎたことで、生活費が足りない状況になりました。
その際は、業者と親から借り入れを行ったのです。
やはり親や友人等から借りるよりも、業者からの借り入れの方が気持ちは楽でした。
業者からならば、使い道は説明しなくても良いですし、気を使う必要が無いからです。
ですから今後も、お金を借りる場合は業者を利用したいです。

パソコンを買うためにお金が必要で

2014年2月11日

大学時代、自分用のパソコンを持っていませんでした。レポートを書く時は家族用のポソコンを使っていたのですが、独占していると弟が使いたいと言ってくるので、なかなか落ち着いてすることが出来ずに困っていました。

これから卒論を書くとなったら今の今以上にパソコンに向かわなければいけないのに、このままでは辛いとパソコンを買うことにしました。

しかしお金が必要なので親に相談をしましたが、いまあるので十分ということで買ってはくれません。バイトはしていましたが、授業との兼ね合いで入れる日も少ないので収入は限られたものでした。

そこで以前念のためにと作って全く使っていなかったクレジットカードがあったので、それを使って分割クレジットでパソコンを購入することにしました。24回払いなら月々4千円くらいの支払いなので、バイト代から支払っていくことが可能です。

家電量販店で狙っていたパソコンを買い、そこから2年間の分割クレジット生活が始まりました。支払い額は少ないので無理はなかったですが、テスト前などでバイトに入る日が少ない月には少しきつかったです。

先日、ようやく最後の支払いが終わりました。とても長かったです。

ガス料金の延滞によりガスが止まりました。

2014年2月4日

それは、私が今の旦那様と結婚する前にアパートで同棲していた時の事でした。お互い学生だった私たちは、アルバイトなどを掛け持ちをして生活しておりました。

アパート代や電気・ガス代・水道料金などは、旦那様にまかせていたのですが、ある日旦那様がガス代を払わず延滞し、ガスを止められてしました。

ガスが使えないとなると料理ができない、お風呂に入れない。近所の銭湯に行くにもお金がない。翌日にでもお金を払えば、またガスを使えるとの事でしたが、当時貧乏学生だった私たちには、支払うお金がありませんでした。

お互いの両親にも迷惑をかける訳にもいかず、最終的に同じ大学にいた友達に借金をする形で支払いをしました。

今思えばガス代金の延滞通知、何等かの形で通知がきていたのだとは、思うのですがどちらにしても公共料金の支払いは、なるべく早く支払いを済る事を心掛け、何より臨時出費などに対応できる貯金をしておく事が大切だと思いました。”

駄菓子が好き

2014年2月4日

私は、駄菓子が大好きです。
子供の頃、少ない小遣いの中から、悩みながらに駄菓子を買った記憶が今でも鮮明に覚えています。
だから、今大人買いしちゃうんですよね。
我慢できない。
容器に入った「よっちゃんイカ」など容器ごと買っちゃいますからね。
昔の自分がその場にいたら、とても羨ましがっただろうな。
いまでも人気がある定番のベビースターラーメンもはずせないですね。
昔と違い、味も豊富だし、小袋だけじゃなく大袋もあるから嬉しいですね。